デキる人はここが違う!仕事も左右するデスク周り

簡単なことで仕事の能率は変わる

仕事をしているとデスク周りがどんどん汚くなっていきます。
大切な資料がどこにいったのか分からなくなってしまったり、物を置くスペースがなくなってしまうぐらい散らかっていることも多いでしょう。

デスク周りが片付いていないと仕事の能率はとても悪くなってしまいます。

仕事ができる女性はきちんとデスク周りが片付けられています。
整理整頓がきちんとできていれば、必要な物をすぐに取り出すことができて、仕事もはかどるでしょう。
また、実際に仕事ができていたとしても、駄目なやつだと評価されやすくなります。

常に整理整頓を心がけてデスク周りをキレイな状態に保つようにしましょう。
そうすれば集中力が高められて、仕事で自分の能力を発揮できるようになります。

目の前に余計なものがあるだけで脳が余計な情報を処理してしまうため、結果的にストレスが溜まってしまい仕事の能率が悪くなります。

キレイな机の持ち主は仕事ができるというのは医学的にも証明されていることなのです。
できる女であると周りにアピールするためにもデスク周りを整理整頓しましょう。

デスク周りの整理術

まずはデスクに存在している物をどんどん片付けていきましょう。
物の量を減らすことによって、それだけでも仕事の作業効率は上がるようになります。
物がたくさんあれば整理整頓をすることができなくなるでしょう。

必要のないものはどんどん捨ててしまうことが大切です。
必要のあるものとないものを分けて、物の絶対量を減らしてしまい、必要な物はきちんとしまいましょう。

また、せっかく整理整頓をしたとしても再び散らかってしまっては意味がありません。
普段からデスクがきれいになるように整理をすることを習慣化することが大切です。
一日の最後にはきちんとデスクの上を整理整頓することを心がけましょう。

整理整頓のコツとしては、はじめに物の置き場所を作ってしまうことです。
物を使ったたら必ず決めた場所に戻すことでちらかるのを防ぎます。

データ化できるものはできるだけパソコン上で管理する方が良いです。
たとえば名刺がたくさんたまってしまったならば、それらをすべてデータにして管理しましょう。
必要のない書類は必要事項のみをきちんとメモして、あとは捨ててしまうべきです。

溜めておいたものを見返すということで大事なメモなども見つかることがあります。
ちらかっていると物がさがしにくいためせっかくの情報がうまく活用できないことも多いでしょう。

仕事というのは何かの決断をすることの連続です。
必要のない書類や資料をいつまでも捨てずに持ち続けていることは決断を保留していることになり、仕事の能力にも影響を与えてしまうでしょう。

要らないものを捨てる習慣を作ることによって、仕事に必要となる決断力を養えます。

デスクの上には無駄な雑貨を置かないようにしましょう。
特に女性の場合は色々なものを置いてしまうことがあるため気をつけるべきです。
片付けることがデキる女性は仕事がデキる女性でもあるのです。