ベッド

仕事にも影響するかも?睡眠の質を上げる秘訣

リフレッシュできるためには

仕事の質が下がってきたなと感じている方はひょっとしたら睡眠の質が落ちている可能性があります。
睡眠というのは仕事に大きな影響を与えます。

きちんとした睡眠を取ることによって、心身の疲れを癒やすことができて、仕事に新鮮な気持ちで取り組めるようになるのです。

単に長時間の睡眠を取っていればいいのではなくて、睡眠の質をいかに高めるのかが重要です。
まずは軽い運動をすることをおすすめします。
寝る前にストレッチでもいいため、軽く運動をすることによって眠りの質が高まるのです。

ストレッチによって精神的にリラックスした状態になることができて、それによって落ち着いた眠りにつくことが可能となります。

また、お風呂にゆっくりとつかってから寝ることもおすすめです。
お風呂によって体を温めてからベッドの中に入ると、急激に体温が下がるためそれによって眠気が生じるのです。

お風呂に入ると副交感神経を刺激することができるため、これによってリラックスして気持ち良く寝られるようになります。
眠るときには目と首を温めることが大切だとされています。

ここを温めることによって血の巡りを良くして、体の他の部分の温度も上げることも可能です。

寝る30分前に首元を温めることがとても効果的であるとわかっています。
寝る前には食事をしてはいけません。
特に飲酒はやめましょう。

食事をするということは、そのためにエネルギーを使ってしまうことになります。
消化というのは体内でかなり激しくエネルギーを使う行為なのです。

寝る前に何かを食べたり飲まないように気をつけましょう。
こちらのサイトでも睡眠の質を高める方法を解説しています。
>>心と体が軽くなる!睡眠の質を高める3つの方法

睡眠の質を高めるためにできること

もし夕方以降に仮眠をする習慣のある方はそれはやめておいた方が良いでしょう。
仮眠をしてしまうと睡眠欲が減退してしまいます。
仮眠をすることによって、睡眠欲を満たしてしまうため、夜になっても寝られなくなります。

ただし、昼間の仮眠については効果的であるというデータはたくさんあり、特に問題ありません。
だいたい起床してから11時間以後に寝ることはやめるべきです。
また、眠る1時間前には心身がリラックスできるようにしておきましょう。

最低でも1時間前までにリラックスしていないとなかなか寝付けないようになります。
リラックスするためにはテレビを見たり、スマホをいじってはいけません。
軽くストレッチをしたり、ぬるま湯につかったり、間接照明にするといったことをおすすめします。

ぐっすりと眠ることのできる環境を整えることも大切です。
ベッドの周辺には眠ることに直接関係のないものは排除しておきましょう。

電気をつけたまま寝てしまうと睡眠ホルモンがきちんと機能しなくなるためあまりおすすめしません。