どうせ観るなら英語力アップに役立てよう!語学力が上がる映画の観方

身近なところから学べる

グローバル社会となっており、仕事で海外の人と交流することは増えています。
これからの社会では語学力が重要視されるため、自分の語学力を高めるために映画を活用している方は多いでしょう。
それでは、どのような映画の観方をすることによって、より語学力を上げることができるのか紹介しましょう。

まず映画を観る際にはメモをできる道具を用意しましょう。
メモ帳でもいいですし、パソコンのメモ帳を活用しても構いません。

映画を観ていて気になったフレーズがあったならば、それをすぐにメモしましょう。

暗記する必要はありませんが、メモを取るだけでも頭の中に印象として強く残るものです。
実際に使えそうなフレーズだけではなくて、自分の中で気に入ったフレーズがあればそれをメモしましょう。
二度目以降に同じ映画を観るならば、モノマネをしてみましょう。

気になるシーンやフレーズ、表現があったならば、その部分を自分が役者になりきって話してみるのです。
多少恥ずかしいかもしれませんが、自分一人で映画を観ているならば問題はないでしょう。
モノマネすることによって、正しい発音やイントネーションをマスターできます。

メモ帳はたまに読み返してみることをおすすめします。
そうすることによって、気になったフレーズを自然と覚えられるようになります。

映画を英語力アップに活用させるには

映画を観て語学力をアップさせる場合、多くの方は英語の映画を選択するでしょう。
これからの社会ではますます英語の能力の重要性が高まっていくからです。
まず映画はきちんとDVDを購入して、自宅で落ち着いた環境の中で観ましょう。

最初はとにかく映画の内容を把握することが大切なため、普通に楽しんで観ると良いでしょう。
二度目は字幕を消してみることをおすすめします。
吹き替えではなくて、当然英語の音声で観てください。

このときに英語の字幕を表示しておくことによって、実際にどのような言葉が話されているのかを確認できます。
とにかく何度でも繰り返し観ることをおすすめします。
そうすればセリフを覚えられるぐらいになるでしょう。

また、字幕には直訳と意訳の2パターンがある場合もあります。
慣れてきたころに同じ英語でも訳し方によって雰囲気が全く違うことがある発見は楽しだが増すでしょう。
自分が元々好きだった映画を見て実践すると覚えるのも早いです。

わからない単語や表現などがあったらどんどん調べてみることをおすすめします。
また、文化的な違いで理解できない部分があるならば、その点を調べてみると良いでしょう。

ネット上には脚本が多く出回っているため、それをチェックして実際にどのような英語の会話が進められているのか確認しましょう。
一本の映画を短いパートに分けて、それぞれを集中的に何度も見返すことをおすすめします。
一本分を何度も観ているのは時間がかかるからです。

もっともっと英語力を高めたいという方は英会話スクールに通ってみてもよいかもしれません。
参考サイト@ビジネス英会話スクールなら神田外語Extension