大手食品会社で営業として働く藤田さんの場合

人と話すことが好き

ここでは実際に華々しく活躍している女性を紹介します。
どのような活躍をしているのかを知ることによって、自分の仕事に対するモチベーションを高めることができるでしょう。
日本には素晴らしい女性達がたくさんいます。

まずは大手食品会社で営業として働いている藤田さんです。
彼女は元々営業の仕事を志していたわけではないのですが、人事によってなぜか営業の仕事をすることになりました。

最初は戸惑っていたようですが、むしろこれはチャンスなのではないかと考えて、営業の仕事に真剣に取り組むようになりました。

営業の仕事をしていると辛いことはたくさんあったようですが、基本的に他人と話をすることが好きだったため、続けることができて、大きな成果を上げることができたようです。

何度かやめようと思ったこともあるようなのですが、せっかく営業の仕事をしたのだから、人に自慢できるような何かを残したいと思い、そのまま営業を続けたみたいです。

与えられた環境の中で何らかのやりがいを見出して、前向きに仕事に取り組んでいく姿勢が大切だと藤田さんは言っています。

やりがいがあったからこそ、辛い仕事だったとしても途中で諦めずに続けられたようです。
慣れない営業の仕事でも、色々な人と交流を深めていきながら信頼関係を築き上げることによって、今では問題なく仕事に取り組めるようになったようです。

仕事で心がけていることは言葉選び

藤田さんが営業の仕事で一番心がけていることは言葉選びです。
営業の仕事というのは常に誰かとコミュニケーションを取っていることが多いです。
そのときに、相手に伝えたい事を正確に伝えるためには言葉選びが重要なのです。

相手の気持ちを考えて、不快感を与えずに気持ち良く仕事に取り組んでもらえるような言葉のチョイスが大切だと言っています。

頭ごなしに否定してしまっては相手のやる気を削いでしまい余計なトラブルが引き起こされるかもしれません。
相手の表情を見て、心の中を想像しながら、そのときの状況にふさわしい言葉選びが大切だと考えているのです。

相手への気遣いの気持ちを持って接することが仕事をする上で大切だと語っています。
そうすることによって、周りから魅力的に思われるような存在になることができて、仕事をやりやすくなります。

これからも藤田さんは仕事を通して色々な人との出会いを求めていきたいと考えているようです。
営業の仕事を通して色々なことを生み出していき、多くの方に自社の製品やサービスを好きになってもらいたいと考えています。