目元にしわができる原因とは

しわが発生しやすい目元

顔の中でも特にしわが発生しやすいのが目元です。
目元は他の部分と比較して皮膚が薄く、その分肌全体の水分が減ってくるとたるみやシワが残りやすくなるからです。
目元のしわは「カラスの足跡」と言われることもあるように、くっきり目元にしわが見えるようになってくるとちょうど放射線状に目尻から広がるような形になります。

目元のしわは笑顔になって目を細めるときに目立つことから縁起がよいしわと言われることもあるのですが、それでも女性にとっては加齢を感じさせる目元のしわはできるだけなくしたいと思うことでしょう。

一般的に目元のシワが出始めるのは30歳くらいからですが、生まれつき肌が薄い人やシワができやすい肌質の人は20代のうちから見られることもあります。

特に注意をしたいのが乾燥肌の人で、冬場などの湿度が低くなりがちな時期にちょっと肌ケアを怠るとあっという間に目元にくっきりしたしわが出てしまったりします。

また仕事で長時間パソコンを見つめるなど目を酷使していると、それによって起こるドライアイが眼球だけでなく目元の血流を悪くしてしまい乾燥を進行させてしまうことになります。
目が乾いてきたなと思ったら休憩をしたり、蒸しタオルなどで目元を温めて血行をよくすることを心がけましょう。

目元のたるみが進むと「眼瞼下垂」という症状を起こす人もいます。
難しい症状名ですが、要は筋肉の衰えにより、まぶたがたるむことを言います。

眼瞼下垂を医学的に説明すると、まぶたを持ち上げる筋肉にトラブルが生じている状態のことです。
目を見開いたときに、黒目にまぶたがかかっていないのが正常な状態ですが、何らかの原因で目を開いたとき、まぶたが黒目にかぶさった状態になる場合があります。
まぶたを持ち上げる筋肉のトラブルによって、そういう状態が起こってしまっているのが、眼瞼下垂です。

眼瞼下垂の症状例と対処方法

目元のしわ対策とは

目元にしわができやすい人として、乾燥肌の他に日頃から目の周りにクマができやすい人が挙げられます。
目の下のクマは寝不足や疲れがたまったときに出やすいですが、これは目の周りの血行が不足をしてそれが血色を悪くしてしまっていることが原因です。

クマは皮膚の薄い人や乾燥しがちな肌質の人に出やすいので、若い時期からクマが出るという人は早めに目元の肌質改善対策をとっていかないといつの間にかくっきりした目元のしわができてしまうかもしれません。

目元の肌対策としてはまずしっかりした保湿があります。
基礎化粧品として目元パックなどの専用の製品が販売されていますが、自分で化粧水をたっぷりコットンに含ませて目の周りに乗せるといった方法でも目元の集中ケアをしていくことができます。

もちろん普段からの保湿ケアは不可欠で、お風呂に入った時にしっかり顔の部分を温め、上がったら早めに浸透性の高い化粧水をつけるようにしていきましょう。

また普段からアイメイクを濃いめにしている人も目元にダメージを蓄積しやすく、肌のターンオーバーが遅れる年齢になったときに一気にしわが出てしまいがちです。

定着力が強いマスカラや大きなまつげエクステをつける場合などは、必要以上に長時間付けたままになることを避け、適切なリムーバー製品で確実に落とすようにしましょう。