シミができてしまった!消すことは可能?

顔にシミができてしまう

女性が自分の肌年齢の低下を強く意識することになるのがシミの出現です。
シミは頬や目元など顔の目立つ部分に出てしまうものなので、出て来ると一気に顔の印象が老けてしまいます。

シミの面倒なところは最初はうっすらとしか見えなかったはずのものが、しばらく放置をしておくとどんどんくっきり見えるようになってしまうことです。
でき始める年齢は人それぞれですが、だいたい30代の後半くらいから40代にかけての年齢で初めてのシミを経験するという人が多いようです。

シミの原因となるのは皮膚の奥でメラニンという色素が沈着を起こすことで、新陳代謝によってその色素が自然に抜けなくなってしまうことによってずっと肌の色が違った状態になります。

ごく簡単に説明すると日焼けをしたとき子供ならば数週間くらいで色が抜けてもとの肌色に戻りますが、大人になるとこの色がターンオーバーによってキレイに抜けず部分的にずっと日焼けをしたような状態になってしまうのです。

日焼けと同じくシミの原因になるのは太陽光線に含まれている紫外線です。
人の皮膚は年齢が高くなるにつれ紫外線への肌の耐性はどんどん弱くなっていってしまいますので、シミ対策で最も重要なのはまず色素が肌に沈着しないように紫外線をできるだけ直接肌に受けないようにするということとなります。

顔にシミができても諦めるのは早いです

顔にできるシミにもいくつか種類がありますが、中でも深刻なのが「老人性色素斑」と言われる先に説明したような紫外線による色素の沈着です。

他の種類は先天性のものであったり、過去にできたニキビがもとで深い跡になってしまうものなどですが、それらに比べて老人性色素斑として出るものはそれまでの生活スタイルが大きく関係しており、早期に対応すれば比較的簡単に消すことができます。

老人性色素斑を消すために有効な成分と言われるのが「ハイドロキノン」や「トレチノイン」といったものです。
これらは「シミ消し」を効果にうたう美白製品に含まれているので気になる人は専用に買い求めてみるのがよいと思います。

薬品の他にも美顔器製品によってシミ消しをすることもできます。
色素の沈着は肌のターンオーバーが適切に行われなくなってしまうことによって起こるため、外部から肌のターンオーバーを起こりやすくしていくことにより自然にシミを取り除けます。

シミ除去効果のある美顔器ではスチームとともに美肌効果のある薬品を浸透させることにより、肌の奥から細胞を入れ替えることができます。
他にも顔に当てることで集中的に肌の内部を温めて新陳代謝を促すものもあります。
どうしても消したいシミがあるときは美容液とともにそうした美容液を利用していくのがおすすめです。