メイク

肌荒れの原因になってるかも…正しいクレンジング法を身につけて!

女子はお手入れもしっかりしよう

クレンジングは正しくやらないと肌に余計な負担をかけてしまいます。
肌荒れを引き起こしてしまう可能性があるため、よく注意しながらクレンジングを心がけましょう。
クレンジングでポイントとなるのは、できるだけ肌に負担をかけずにメイク汚れを落とすことです。

メイク汚れが残ってしまうと、肌に色々なトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
色々なタイプのクレンジングが出ているため、一体どれを使うべきなのか悩んでしまう方は多いでしょう。
基本的にどんなクレンジングを使うにしても、丁寧にかつ素早く使用することが大切です。

力を入れないようにして優しく指先でなじませながらメイクを落としていきましょう。
時間をかけすぎてはいけません。
クレンジング剤というのはメイクを落とすためのものであり、肌にとっては負担のかかるものなのです。

必要以上に時間をかけてしまうと肌荒れや肌の乾燥を引き起こしてしまう可能性があります。
できれば1分以内にすべてを終わらせてしまうようにしましょう。

このぐらい早くやらないと、肌にはどんどん負担が蓄積されていきます。
正しいクレンジング方法についてはこちらが詳しいです。
>>正しいクレンジング・メイク落としの方法とは?【スキンケア大学】

正しい落とし方を身に付ける

メイクの中でも最も落ちにくいものはアイメイクです。
マスカラを重ねづけしていたり、ウォータープルーフであるアイライナーを使っていると、なかなか落ちません。

これらは普段生活をしている中でメイクが落ちないための工夫が施されているのですが、それによってメイク落としの際には苦労してしまうのです。

特に目元の皮膚はとてもデリケートなため、きちんとメイクを落としましょう。
メイク落としをいい加減にしてしまうと目元がとても老けてしまいます。
口元もメイクが落としにくい場所であり苦労することが多いです。

これらは専用のクレンジング剤を用いて先に落としてしまいましょう。
まずはアイメイクや口紅をキレイに落としてしまい、そのあとで他の部分のメイク落としをしましょう。

クレンジング剤は量が少なすぎると肌を傷つけてしまいます。
摩擦が大きくなってしまうからです。
それぞれのクレンジング剤には適切な量が決まっているため、それを守ってください。

指の腹を少しだけ温めてからメイク落としをすると、やりやすくなります。
顔の中ではTゾーンからクレンジング剤をのせていきましょう。
Tゾーンの皮膚は比較的強いため、クレンジング剤をのせたとしても問題ありません。

クレンジング剤を使う際には力を入れ過ぎないことが原則となります。
指先ですべらせるようクレンジング剤を優しくメイクになじませます。
最後はぬるま湯を使って十分に洗い流しましょう。